あてもなく

誰かへの手紙

粗大ゴミに出すよりは リサイクルショップを活用してみよう



昨日は、ずっと使わずにその辺に立てかけてあった掃除機を近所のリサイクルショップに持って行ってきました。

 

数年前に買い換えた物で……と記憶をたどりつつ過去記事を調べてみたら、ちゃんと買い換えた記録が残ってました。2年半以上も前の話なのね。

 

www.atemonaku.com

 

冷蔵庫や洗濯機といった大型家電であれば家電リサイクル法の関係もあるし、そもそも自分でどこかへ運ぶなんて不可能なので、配送の時に入れ替わりで古い方を持ってって処分してくれるサービスを有料でお願いするのが普通なのですが、掃除機は家電リサイクル法の対象外で、処分は自治体のルールと個人の判断に委ねられてします。

新しい物を買う時って、古い方をどうするか考えることは後回しになりがち。

上記の記事でもわたしは掃除機新旧そろい踏みの写真をうれしそうに掲載しておりますが、その後古い方の掃除機をどうするかについてはノープランでした。

そうして、古い方の掃除機は、結局3年近くもの間、処分保留のまま廊下の隅でほこりをかぶっていたのでした。

 

今回、リサイクルショップに持ち込んだ掃除機は、メルカリで売るにはちょっとサイズが大きすぎて送料だけで高額になってしまうと思われたので、捨てるかリサイクルショップかの二択になりました。

 

捨てることを考えたときに気になったのは、こちらの商品、充電バッテリーが内蔵されているという点です。自治体のルールで、バッテリー内蔵の製品はゴミとして出すことができず、別途公共施設などに設置されている回収ボックスまで持ち込まなくてはなりません。

ということは、「捨てる」を選択する場合、バッテリーが内蔵されているハンディ掃除機部分はバッテリー回収ボックスへ。吸込み口や長い持ち手がついた長さ120cmぐらいの本体は、粗大ゴミ(有料)として排出、という2つのルートを同時に進める必要があります。

回収ボックスに入れる事自体は無料でも、クルマで行けば駐車料金がかかる。手で持って、徒歩で持ち込むにはどこも遠いし荷物が重い。

さらに、本体部分の粗大ゴミについては、我が自治体の場合、申し込んでから回収まで2~4週間ぐらいタイムラグがあり、しかもコンビニで処分チケットを購入しなければならず、と、大変面倒なのです。

だからこそ、3年近くも放置してしまったわけなのですが。

 

そんなわけで、今回はリサイクルショップを利用してみることにしたのです。

そんなことなら放置するまえにさっさと持って行けば良かったのですが、まあ、そんなことを今更言っても仕方がありません。

結論から言いますと、この掃除機、600円で買い取ってもらうことに成功しました。

安いもんではありますが、それでも処分料を支払ってゴミにすることを考えれば、もはやタダでも有り難いレベルですからラッキーと言って良いでしょう。

 

持ち込む前に、取り外して洗える部品は全部外して丁寧に洗い、本体にこびりついた汚れもできる限りキレイにしておきました。買い取り後はきっとリサイクルショップのプロの方がきちんと手入れをして売り物に仕立て上げると思われるので、わたしが素人のやり方でキレイにして持ち込むことがどれだけ買い取り金額の査定に影響したかはわかりません。

どっちかっていうと「心意気」みたいなもんでしょうかね。

汚した物をそのまま人様に押しつけるってのも、なんだかお行儀が悪いじゃないですか。

 

査定待ちの間に店内をブラブラ。

普段リサイクルショップを利用することがないので新鮮でした。

服やバッグのUSEDはよくあると思うんですけど、使用済みの食器なんかでも普通に売られてるんですね。掃除機なんかも、わたしが売ったやつよりもっと使用感ありありのものも店頭に並べられてありました。買う人いるのね。うちの余ってる食器も買い取ってもらえるのかしら。

あとは、ベビーカーやチャイルドシート、おもちゃなのど育児関連も充実してましたよ。

まあ、定価2万ちょっとの掃除機が600円になってしまうのだから、使用済みの食器なんてお値段はサッパリ期待できないでしょうけどね。

 

そうそう、600円もらったのと、あとPontaカードにもポイント貯まりましたよ。5ポイントほど。

捨てるのも手間だな、フリマアプリでも売りにくいな、っていう不要品の処分を考える時、粗大ゴミの一つ手前の選択肢としてリサイクルショップ、結構アリだと思いました。

 

ショップのルールで家電製品は製造から10年以内のものに限るということでした。

今回も決して早い判断ではなかったけれど、これ以上グズグズしてなくてよかったです。やれやれ。

 

www.2ndstreet.jp