あてもなく

誰かへの手紙

ブログは毎日書く方が本当は味わい深いんだよなあ



ブログ……。

たまにしか書かないと、いざ書こうって時に、なんかちょっとぐらいちゃんとしたこと書かなきゃとか思って身構えちゃいますね。

毎日書く縛りでやってたときは、今日は書く事ないけどとりあえず埋めとけ感で適当にいろんな事を書いていたのですが、それが後から読めばそれなりに役に立つ内容になってたなんてことも結構あって、まあやっぱりブログってのは、そこそこマメに書いた方が良いのだろなとか思います。

 

役に立つか立たないか、ちゃんとしてるかしてないか、というのは書いてる瞬間、書いてる本人にもよくわかんないもんですね。めちゃくちゃ書きたくて書いた内容の場合は、その場で自分の満足感に直結するので価値がわかりやすいのですが、その場合の価値とはその場限りのものなので、後から読むとまた違った感じになります。

今日書いたあの人の記事を今日読む、というスタイルのブログ読者もいらっしゃいますが、一般的にはなんかの検索で引っかかった記事を単発で読んで行かれる方のほうが多いので、書いた時に書いた本人としてはそんなに思い入れがなかった記事が、長い時を経て結果としてたくさん読まれてしまっているという現象も結構あります。

ただ、データとして知る事が出来るのはあくまで表示された回数であって、その記事が良い記事だったのかどうかは誰にもわかんない。

だってさ、検索で引っかかったから読んでみたけど、「なんだ全然知りたいこと書いてないじゃん」みたいなことは日常茶飯事ですからねー。

 

「記事を書く」の白い画面を見ながらそんなことを考えました。

なんか最近は気分が上がらないことが多くて、なんやかんや言い訳をしながらブログから離れていました。今日も「本当は毎日書いた方が良い」とか言いつつまた次回まで重い腰が上がらない可能性もありますが。

 

いや、今日はほんとは生活の中で最近「便利~~」って気がついたことを書きたかったんですけどw

それは、次の記事にしますね。