あてもなく

誰かへの手紙

久しぶりに働いてきた



最近、1日の最後の最後までブログ書きを後回しにしてしまい、結局日付が変わってから前日の分の記事をアップしている日々。

このままいくと、どこかで1日分を飛ばしてしまいそう。

というわけで、今日は何が何でも今日中にアップしてしまうことのみを目標にブログを書きます。

 

今日は大変忙しい日でした。

なんと、久しぶりにバイトに行ってきたんですよ。

こないだは「間があきすぎて、ちゃんと働ける気がしない、もうお仕事に行きたくないよぅ……」と泣き言を垂れ流しておりましたが、行ってみたらどうにかなるもので。

短時間でしたが楽しく働いてきました。

まあでも疲れました。

 

今まで外出を控え、人との接触を避け、ずっと家でおとなしくしていたので、やっぱりなんか怖いです。

だけど、外に出てみると案外たくさんの人が外に出ていて、案外無頓着に飲食も楽しんでます。(ウチの店も緊急事態下では店内飲食を中止してたけど、今はもう再開している)

なんかその事にちょっとクラクラしちゃって。

ここ数ヶ月、わたしのように休んだりせずにずっとコンスタントに働いていた同僚によると、「本当に緊急事態なのかしら」と思うぐらい、日々たくさんのお客さんが押し寄せてきていたそうです。

もしかしたら、緊急事態宣言の世界でも、わたしが思っていたよりは人々は活動していたのかもしれない。

それこそアレですよ、ステイホームとかいっておうちで踊る動画を上げながら、お昼はハンバーガー買って食べてたとかそんなんですよ、きっと。

それでも「持ち帰り」にすればなんかステイホーム感出るもんね。

 

それでもウチの店で働く人やウチの店を利用したという履歴がある人たちからは感染者が出ていないっぽい。

わたしの目からみれば、ファストフード店ってかなりワイルドにやってる感じなんだけど、それでも特に大丈夫なら、やっぱりコロナって案外感染しないものなのかな。

 

ま、そんな事言いつつ、わたしはまだ警戒を解くつもりはないけどね。

帰宅してから、なんだかやたらとくしゃみが出るようになったので、それだけでちょっとビビっているぐらいですから。

 

久しぶりに働いてみた感想は、とりあえず以上です。

来週もまた1日だけ短時間で働く予定。まずは、家とスーパーの往復から抜けだす為の第一歩として。

今後は様子を見ながらだけど、やっぱり以前に比べて家事もなんだかんだ重たくなってるから、週1日バイトに行くだけでもキツいかなって今は思ってます。