あてもなく

誰かへの手紙

視力低下と言われてメガネを換えたら・・・



メガネを換えたら老眼が進んだ!

 

じゃなくて。

遠くがちゃんと見えないメガネを使ってたから近くがよく見えてただけ。

遠くがちゃんと見えるメガネにしたとたん、近くが見えなくなってることが明るみに出ただけなんだよね。

 

>>>

 

先日受けた健康診断で、「視力低下」で要受診という結果が出た。

メガネをかけた矯正視力が右0.9・左0.5しか見えていないので、病院へ行って検査を受けた上、正しい度数でメガネをつくりなおせってことらしい。

実は、裸眼視力はあまり変わってないのだけど、矯正視力が両目どちらも1.0未満になると「要受診」のお知らせが出るようになっているっぽい。

 

それで、その検査結果の通知書を持って近所の眼科に行ってみたところ、良い機会なので「眼の成人病検査」ともいうべき各種検査を一通り受けてみたらどうですかと言われ、8月の間1ヶ月ほど眼科通いを続けることになった。

詳しく調べてみると、近視と乱視がそれぞれ、今まで使っていたメガネよりも2段階ずつ強い物に替えないといけないほど進んでしまったのだけれど、その原因が緑内障などではないかどうかは一応確認した方が安心でしょう、ということだった。

結局、検査の中で若干グレーゾーンの数値が出たものもあったけれど、直ちに治療が必要なものは見つからなかったので、ひとまず安心して良いですとのこと。

ではなんで視力が低下したの?っていうところに言及はなかったのだけれど、やっぱり最近スマホの使いすぎで眼を酷使しているから、疲れているのかもしれないなあというのは思う。だからといって、それを改善するのは少し難しいかなという気もしている。

 

とりあえず、今後の方針としては、少し涙の量が少ないことがわかったのでのでドライアイの目薬は使った方が良いですね、ということと、あとは度数の合ってるメガネに替えましょうということになった。

 

 

で、眼科で処方箋を出してもらって早速新しいメガネをつくってきた。

これが、テレビを見たり車を運転したりするのにはよく見えて視界スッキリなのだけど、困ったことに近くが全然見えない。それがハッキリわかるのがスマホを触るときで、新しいメガネではまともに操作できないほどだ。

結局、家の中ではテレビを見るときとそれ以外で新しいメガネと古いメガネをちょこちょこかけ直しながら暮らしている始末。

便利になったんだか不便になったんだか……。

 

今までのメガネでは手元でスマホを操作するのには全く支障が無く、わたしはこれまで「老眼」というものを一切意識したことがなかった。だけどそれは元々弱いメガネを使っていたからであって、もし元から矯正視力1.2や1.5のぴったり合ったメガネを使っていたとしたら、わたしはもっと早く老眼に気がついていたかもしれない。

一体いつからわたしは老眼の傾向が出始めていたんだろう。

 

弱いメガネか裸眼でちょうど良いので、まだ今のところ老眼鏡が必要なところまでは進んでいないようだけれど、これからは少し気を付けておかないといけないなと思った。

先日少し年上の友人が、遠近両用のコンタクトレンズにしたら快適だよ~ということを言っていて、そのときは「へーそうなんだー」と相づちを打っていただけだけど、そのうちわたしも必要になるのかもしれない。

ちょっと情報収集してみたいと思う。