あてもなく

誰かへの手紙



カレールーを使わないで作るカレーに挑戦

春休み終盤、子供と二人で暇つぶしがしたくて、手のかかる料理をつくってみよう!ということになり、ルーを使わないカレーに挑戦してみました。

ルーを使わないカレーとひとくちに言ってもいろいろあって、ネットで調べてみると、何種類ものスパイスを買ってきて自分で調合するところから始まる本格的すぎるレシピを始め、たくさんのレシピが出てきました。

 

その中で、手間のかかり具合がちょうどよく思えたレシピがこちら。 

joshi-spa.jp

 

ほぼこの通りに作りましたが、一部、材料の揃えやすさや家族の好みを考慮して内容を変えました。美味しかったので、変更後のレシピを記録しておきたいと思います。

材料

豚肉(薄切り) 300g

玉ねぎ 1個

にんじん 1本

ショウガ 1片

炒めたまねぎ(レトルト) 1パック

小麦粉 大さじ4

サラダ油 適宜

カレー粉 大さじ1+大さじ2

お好みソース 大さじ1

しょうゆ 大さじ1

塩 小さじ1

コショウ 少々

ブイヨンキューブ 1個

お湯 600ml

ガラムマサラ 少々

手順

  1. 豚肉を食べやすい大きさに切り、カレー粉大さじ1をまぶしておく
  2. 玉ねぎはみじん切りにする
  3. にんじん、ショウガはすりおろしておく
  4. 油を熱した鍋で豚肉を炒める。火が通ったら皿にとっておく
  5. 油が残った鍋でショウガを炒め、香りが立ったら玉ねぎを入れてさらに炒める
  6. 玉ねぎの色が茶色っぽく変わってきたら、レトルトの炒めたまねぎとにんじん、豚肉、カレー粉を入れる
  7. カレー粉が全体に行き渡ったたら、一旦火を止めて小麦粉を入れ、全体をしっかり混ぜる
  8. お湯、ブイヨンキューブ、塩、コショウを入れ、7.を溶かしながら20分ほど煮る
  9. 最後にお好みソースとしょうゆを入れ、ガラムマサラを入れる

備考

参考にしたサイトとの違いは、

お肉を豚薄切りにしたこと

セロリ、りんご、にんにくを抜いて、炒めたまねぎ(レトルト)を追加したことと

ウスターソースの代わりにお好みソースを使ったこと

ガラムマサラを加えたこと

 

お肉は子供の好みに合わせて。

お好みソースについては単純に、うちにはお好みソースしかなかったというだけです。ガラムマサラは、レシピを検索していたときに別のサイトで見かけたものです。最後に入れると本格的になるという触れ込みだったので試しに買ってみました。

 

いためたまねぎ(レトルト)とは、こういう商品です。

ハチ 炒めたまねぎ 100g

 

生の玉ねぎを炒めるのに炒めたまねぎもいれるのか?とツッコミが入りそうですけど、全部「炒めたまねぎ」で作るとなると一袋では量が足りないし、玉ねぎの食感が少し残っているのも良いかなと思ったので、両方の良いところを活かすために生とレトルトを半々ということにしました。

玉ねぎの甘みがしっかり引き出されているので、りんごを入れない分の甘味づけの意味合いもあります。

 

それから、使用したカレー粉はこちら。

f:id:atemonaku:20180404083551j:plain

ふつうのスーパーで一般的によく売られているものだと思います。

普段うちでは中辛のカレールーを使っているのですが、今回作ったカレーはいつものよりかなり辛めに感じました。

 

カレー粉から作ると、よりスパイスの味を直接的に味わえるので、なんだか「身体に効いている」感じがします。

実際、スパイスって伝統的に薬のような意味合いで使われてきた背景もありますので、この「効いている」感じはあながち気のせいばかりとは言えないのかもしれません。