あてもなく

誰かへの手紙

忙しい日と忙しくない日の落差と、ヒマのつぶし方



今日はとってものんびりした1日でした。

この前の土日からずっと何かしらバタバタと追われているような日々だったので、今日はゆっくりできてちょっとホッとしました。

なんだけど、ずっと家にいてぼんやり過ごしてしまうと、それはそれでソワソワしてしまうというか、なんか「これでいいのかな」って思っちゃう。

 

カレンダーを見て振り返ると、丸1日家に一人でのんびりしたのはちょうど1週間ぶり。

なんだ、1週間ぶりの休みだったんなら全然これでいいじゃんねえ……。

多分だけど、明日もきっとあんまりやることないから不安になるのかもしれないね。

だけど、もしかしたら明日は突発的に忙しくなるかもしれない。

 

実際、急になんかの都合で忙しくなってしまうようなことはよくあることで、まさにその突発的な忙しさに対応できるっていうことが、今のわたしの存在価値だったりもするわけです。

 

突発的な何かがあったときにはサッと対応出来る、という状態でありたいので、毎週何日の何時間、みたいな予定は極力入れたくないんだよなあ。

だから、きっとわたしの場合は、その突発的な用事が発生しなかった場合に何をするかっていうのをもう少し考えておいた方がいいと思うんだよね。

いつ中断されても平気な程度の執着度で、でもやれるときは延々楽しめるみたいな趣味を。

ちょっと前には、すごくハマってたゲームがあってちょうど良かったんだけど、それが終わっちゃってからヒマつぶしが難しい。

ひとつに絞らなくても「あ、そうだ、アレやろう」みたいなのがいくつかあると気が楽だよね、きっと。

 

いろいろ考えてはいるんですけどね。

「いつ中断されても平気」っていうのが案外ハードル高いんだわ。

読書も悪くないけど、できればもうちょっと手を動かしたりしたいんだよね。

うーん。