あてもなく

誰かへの手紙

子供の食べ残しを、食べるか食べないか。



今朝、テレビをつけっぱなしにしていたら、「子供の食べ残しを食べるのをやめたら、風邪をうつされなくなった。これからは、食べ残しは捨てる」というツイートがネットで話題になっている、というのが流れてきた。

就学前のお子さんを育ててる方のツイートがきっかけのよう。

ネットで話題、というわりに、わたしの耳には入っていない。

もうわたしは子育てクラスターじゃないんですよね。だから、もうあんまりそういう話題はわたしのタイムラインでは盛り上がらないんだよね。

こちらのブログはどうでしょう?

小さなお子さんを育ててる方も読んでくださっているのかな。

 

わたしは、明確に「子供の食べ残しは食べないで捨てる派」です。

うちの子供が乳幼児だった17年ほど前には、既にそう思ってました。

 

わたしは、風邪云々以前に子供の食べ残しを食べるのが生理的に無理でした。

一緒に子育てしていたママ友の多くが、子供の食べ残しのぐちゃぐちゃを平気で食べているのを見て初めて、自分の方がちょっと変わってるのかもしれないって気がついたぐらい。

今日見たテレビのコメンテーターも、

「子供の食べ残しはもちろん食べます。食べ物を捨てるって発想はなかった」

って言ってたので、わたしはやっぱり標準的ではないのかもしれないです。

 

でもやっぱり、当時の肌感として、

「子供の食べ残しを食べる系の家庭からは、”家族全員が風邪で寝込んだ”的な話をよく聞くなあ」

という印象を持っていました。

我が家では、あまり家族間で風邪をうつしあうようなことはなかったです。

風邪をひくとしても、いつも、誰か一人が単独でって感じです。

 

さて。

「子供の食べ残し」で検索したら、NHKのサイトが出てきました。日付は10月12日。

わたしが言いたいなあと思ったことも含めて、よくまとまってますね。

もうわたしがわざわざブログに書かなくていいやってぐらいw

 

www3.nhk.or.jp

 

子供の食べ残しは食べないで捨てる、という意見に賛同する人も多いようですが、食べ物を捨てるということがどうしても受け入れられないという人もいます。

食べ物を捨てたくない気持ちが強い人からは、

 

「食べ物から風邪がうつるというのは医学的に根拠があるのか?」

「一緒に暮らしてたらどっちみちうつるでしょ、食べ物だけ捨てたって仕方がない」

 

という意見が出ているようで、まあそんな風に思う人は、誰がなんと言おうと変わらないし、変わらなくてもいいと思います。

自分にとって大事なことというのは人それぞれです。

逆にわたしが人から「食べ残しを捨てるなんてあり得ない」って非難されても「うるせー」って思いますしね。

 

ただ「食べ残しなんか本当は食べたくないけど、やっぱり悪い気がして無理に食べてる」という人がいれば、その背中は押したい。

「そんなもん、捨てりゃいいんだよ」と、言いたいw

 

子供の食器に盛り付けて出した時点で、その食品は役目を終えていると思います。

子供のお腹におさまろうが、ゴミ箱行きになろうが、「わたしの目の前から消える」という事実に変わりはない。皿に出した時点で「取り返しの付かないもの」です。

子供の持ち物になったソレに対して「お腹に入ればもったいなくないけど、ゴミ箱に行くのはもったいない」というのは、ちょっと踏み込みすぎかもしれませんよ、というのがわたしの意見です。

食べられる量の見積もりを誤ったことについて反省したり今後改善しようと考えるのはいいと思いますが、食べられなかったソレに対する責任はないと思います。

 

これで背中を押せたかどうかはわかりませんが、わたしはそんな風に思ってます。