あてもなく

誰かへの手紙

書くことがない日の、箇条書き



やばい、本当に今日は書きたいことがないわ!w

いやー、書きたいことがないなら書かなきゃ良いだけなんだが、もし本当に「書きたいことが無いなら書かない」ってやってると、多分ウチのブログの記事数は今の半分以下になるだろう。

 

不思議なもので、何日か経って記事を見返してみると、どの記事が書きたくて書いたもので、どの記事が書きたくないのに無理矢理書いたものか、案外わかんなくなってるもんだ。

やっつけの作と渾身の作にあまり差がないっていうのもどうなんだと思うけど、実際、自分の手から離れてしまうと案外そんなもんなんだから、ウソ以外ならまあある程度適当に書いてもいいんじゃないかと思ったりする。

ま、今日のはアレだけど。

「書きたいことがないけど無理矢理書く」宣言しながら書いてるから、さすがに後から読んでも「まあこんなもんか」とは思わないだろう。

 

本当に書きたいことがないので、なんとなく思ってる事を箇条書きする。

 

チョコレートの話

昨日夫にバレンタインのチョコをあげた。

先日記事にしたとおり、25個入り1080円のメリーチョコレートだ。

今日、夫がそのチョコを一緒に食べよーって言ってくれて3時のおやつにしたんだけど、メリーチョコレート、前より美味しくなったんじゃない?って思った。

 

iPhone買い換えの話

わたしはiPhone7を使っているのだけど、ずいぶん電池がヘタってきて、正直「使用に耐えない」と思う時もある。とはいえ、電池以外は特に問題がないのでなんとなく買い換えの踏ん切りがつかない。とりあえず予備のバッテリーを持ち歩いてごまかしている。

ところで、ウチの子はわたしと同じ時期に買ったiPhone7を使っていて、同じように電池がヘタっちゃってて困ってるんだけど、先日、ちょっとしたアクシデントがあって画面を割ってしまった。

そうするとね、子供の方が先に、電池+画面にヒビで買い換えに向けてわたしより先に一歩前進したみたいになってて、うらやましいんだかなんだかちょっと複雑な気分なんだよね。

元々電池がダメだった上に、画面も割れてるし、仕方ない、さすがに買い換えだよねえ……みたいなw

それってどうなんだ。わたしのほうが大事に使ってて偉いのに、良い物を先に買ってもらえるのは不注意で壊しちゃった人の方なのだ。

 

ただ、2台まとめてドカンと買い換えられるほど、新しいiPhoneは安い物ではない。

当面、1台買うのがやっとだとすると……優先順位からいって子供のiPhoneを買い換える方が先になるのは当然だと言える。

わたしは、理性を失ってはいけないのだ。きっと。

 

それで思い出したけどさ

最近、子供に対して「うらやましいんだかなんだか複雑な気分」というのをよく感じてしまう自分がいる。

小さい頃はわたしが一生懸命世話焼いて当然で、子供が最優先で自分が後回しなのが当たり前だった。だけど、なんでわたしばっかり後回しなんだろうって、時々思ってしまうようになったのがなんかしんどくて、この気持ちにどう対処していいかわからないときがある。

子供が大きくなって、自分と同じサイズ感で同じように暮らすようになってきたからだろうか。もしかしたら、これが親離れ子離れの始まり?

ここをこじらせるとロクなことにならない気がして、すごく今、慎重になってる。

書くのも迷ったけど、だからってこういう気持ちを、自分の中で「なかったこと」にして無視しまうのも危険だと思うんだ。

この件については、また心が元気で時間があるときにゆっくり考えてみますかね。