あてもなく

誰かへの手紙

歩数計と、貧乏性



Coke ONというアプリがある。

https://c.cocacola.co.jp/app/en/index.html

 

 

コカコーラ社が運営しているアプリである。

コカコーラ対象商品を購入したりキャンペーンに参加したら、景品としてコカコーラの自販機からドリンクが1本無料で出てくる「ドリンクチケット」が手に入る。

このアプリはBluetoothで自販機と連動するようになっていて、景品でもらったチケットを自販機の前で提示すればお金を入れなくてもドリンクが買える。

 

そもそもこのアプリ、電子マネーのアカウントと連動させて自販機でドリンクを購入出来たりする機能もあって、おそらくそれを普及させるのが最後の狙いなのだろうと思う。まだそこまで使っている人はそんなにいないと思うけど。

キャッシュレス促進の一環ですね。

最近では、街なかで見かけるコカコーラ印の自販機は大体Coke ONに対応したものになっている。

 

さてさて、このアプリには「Coke ON Walk」という機能がある。

こちらは「Walk」という名の通り、スマホの歩数計に連動した機能である。

1週間(月曜日~日曜日)の間にスマホで計測された歩数が設定された目標を超えると、アプリ内に「スタンプ」が付与される。

そのスタンプが15個貯まったら、ドリンクが1本無料でもらえる「チケット」と交換出来るのである。

目標は個人で設定できるのだけど、1週間で35,000歩というのが設定できる下限の値である。

 

わたしの場合、ウォーキング10kmで大体15,000歩ぐらいになる。

平日にあまり家から出ずに過ごした週だと、週末に1回ウォーキングに行ったぐらいでは35,000歩の目標達成は難しい。

平日に歩いて銀行めぐりをしたり、ショッピングモールで長めにウインドウショッピングをしたりしていれば、ウォーキングと合計で35,000歩に到達できることもある。

だからわたしの場合、スタンプがもらえる週は月に1回あるかどうかという感じだ。

15個貯まるまでにはずいぶんと長い道のりになる。

 

たまーに、ちょっとしたキャンペーンに参加してスタンプ1個もらえたり、ドリンクチケットが当たったりしたので、2回ほどタダでドリンクをもらったことはあるのだけど、純粋に歩数だけでドリンクをゲットするのはなかなか難しいことなのである。

 

……でね。

スタンプ15個でドリンク1本ってことは、スタンプ1個はせいぜい10円ぐらいの価値しかない。それを考えると、そのスタンプ1個についてどうのこうの言うのは多少ケチくさい話ではある。

 

だけど、もったいないなあと思うのは、バイトの時にスマホを身につけておけないことだ。

ずっとレジに貼り付けになっている日はそれほどの歩数は稼げないが、日によって、めちゃくちゃ歩き回る担当の日になるときがある。そんなときは、ちょっとした山登りに行った時ぐらいに足がくたくたになる。

体感で、10kmウォーキングに行った日より疲れるので、15,000歩どころじゃなく歩いているんだと思う。

それを週に2回もやれば、おそらくわたし、余裕で毎週スタンプがもらえるレベルで歩いているのではないか。

だけど、スマホは店に持ち込めないから、当然その歩数は記録されない。

その日スマホに記録されるのは家と店の往復だけで、いつもせいぜい2000歩ほどにしかならない。

もったいない!

 

いやー、そりゃさ、そもそも働いてる間にバイト代もらってるしね。

自販機じゃなく、スーパーで買えば、たとえば500mlのコーラ1本なんて78円とかで買えるんだから、スタンプ1個10円どころか5円ぐらいの価値しかないんだしね。

とは思うんだけど、なんかちょっと損した感を感じてしまうのは、ひとえに貧乏性と言うしかない症状なんだろうな。

 

バイト先の規則として「スマホ持ち込み禁止」と定められているわけではないので、ポケットにスマホをこっそり忍ばせるということもできなくはないけれど、スマホって案外重いから邪魔になる気がするし、うっかり落として壊してしまったら元も子もないので持ち込みはしません。

 

ボーッとしてるとついつい目先のスタンプを取りに行きたくなってしまう性格なので、そこはちゃんと電卓と天秤を使って計算した上で、行動を律するのであった。