あてもなく

誰かへの手紙

年が暮れてしまう



2020年がもうすぐ終わってしまうことに気がついて戸惑っています。

今年は、何もしていない期間がとにかく長かったので、振り返ってみると例年の半分以下ぐらいの達成感しか得られないまま11月になってしまいました。

そのくせ、社会の状況が様変わりしてしまっているので、ちょうど1年ぐらい前のことが、もっともっと昔のことのように感じられたりもして。

本当に、変な気分。

 

そんな具合で、心の準備が出来ないまま11月に突入してしまったため、近くのショッピングモールにクリスマスツリーが飾られていることなんかがショックで仕方がない。

子どもに背中を押されてなんとかクリスマスケーキの予約は済ませましたが、年を越す覚悟が全く出来ておりません。

 

それで、年賀状ですよ。

もう年賀状の販売が始まってるんですよね。

こんな具合なので、なんか例年以上にやる気が出なくて非常に気が重いです。

 

ウチはもともと年賀状の発送数が少なくて、家族全員分で30名ぐらいでした。

年賀状なんかもうやめてしまってもいいかな、と思いつつ、やっぱり年に一度だけでも、なんとなく繋がっている感じを伝えたいような相手はいて、そこまで合理化してしまう必要もないのかなと思いながら細々と続けてきました。

 

一昨年の年賀状の頃、ちょうどイラストを描くのにハマっていたので勢いで自作イラストの年賀状を作りました。

昨年も、イラストはあまり描かなくなってたけど年賀状だけは自分のイラストで作って送りました。

今年は、もう全くイラストを描かなくなったし、年賀状なんか既製品を使えば良いかなって思ってたんですが、3年ぶりにお店とか見てると、なんか既製品って意外と高いですよね。前はその値段で買ってたと思うんですけど。

自作イラストを自宅で印刷すると、プリンターのインク代とか考えてもやっぱりだいぶ安く上がる気がする。

イラストを描くのは少々手間ひまかかるけど、今はわたし、働いてないので結構時間があるから、もしかしたら余った時間を使ってイラストを描いた方が節約になるのかも。

稼いでないなら、手を動かして節約!ですよねー。

 

f:id:atemonaku:20201110203312j:plain

 

そう考えて、今日は久しぶりにペンタブを持ち出してうしさんの絵を描いていました。

最近は全然練習もしてないし、当然ながら相変わらず上手くはない。

自分で構図が考えられないので、ネットで画像検索をしてお手本を見ながらなんとなく描いてる始末ですよ。

それでも、なんかちょっと楽しかったです。

 

誰か上手な人のお手本を真似をして描けばいいやと思っても、なんかしら自分の画風みたいなのが出てくるのも面白いですよね。

わたしが描くとどうしたってこういう顔になる。

そして、わたしは下手なりにこういうのが好きみたい。

「あ、かわいい」とか思っちゃう。

自分の子どもが、誰がなんと言おうとかわいく見えるのと一緒かな。

 

まだ下書きも下書きで、ほんとにこの先色とか塗って仕上げるほど根気が続くかわかんないんですけど、とりあえず、今年も自作のイラストで年賀状を作る方向で走り出してしまいました。

ま、節約の為です。がんばりましょう。