あてもなく

誰かへの手紙

今日はブログ書けなかったけど、本当はたくさん文章を書いたんです、本当なんです



今日は、学校関係のことで連絡しなければならない件があり、ちょっと込み入った内容になったので、昼間からたくさん文章を書いていた1日だった。

正確にカウントした訳ではないけれど、あくまで体感で、ブログ2日分・字数にして3000字ぐらいは書いちゃったんじゃないかと思う。

 

というのが言い訳でしてね、今日はもう無理なのです。

文章をたくさん書いた満足感を胸に、もうあと少しで寝てしまうところでした。

布団に潜ってぬくぬくと今日のことを振り返っていたときに、運悪く「あ、ブログ書いてねーわ」と思い出してしまったので、布団から渋々抜け出して、アリバイ作りのように文章を書いております。

 

ブログを書くようになったおかげで、わたし自身は文章を書くことがあまり苦にならなくなっているし、ネタさえあればいくらでも文字数重ねてしまえるんだけど、一般的にどうなんだろう、あまりに長い文章をLINEにしたためて送りつけるような人は、やっぱりちょっと気持ち悪いのではないだろうか。

と不安に思いつつ、でもどうしても伝えなければならないことがあったので、精一杯表現を削りながら、普段の倍ぐらい時間をかけて普段の半分ぐらいのボリュームで文章を書きました。

その甲斐あってか「よくわかりました」と好意的なお返事をもらうことが出来たので一安心ではあるのだけど……。

 

まあ、疲れたね。

だからね、今日は本当はいっぱい書いたんですよ。

いやー、ブログ書きたかったな。ほんとに。ははは。