あてもなく

誰かへの手紙

あのちゃんの声が出せるオバサンは嫌ですか

こんにちは、たびのひとです。

 

最近、自分のすごい特技に気がつきました。

 

それはですねー。

 

わたし、あのちゃんの声が出せます!!

 

 

あのちゃんって、あの、あのちゃんです。

かわいいよね。

テレビであのちゃんが出ている柔軟剤のCMを観ていて、ふと、「シャドウイング」っていうの?

同じセリフをオウム返しに真似してみたらですね。

思ったよりあのちゃんの声が出てしまってびっくり。

 

一緒にテレビを観ていた娘にも、

 

「なにそれ! なんでその声出るん!」

 

と大変驚かれてしまいました。

驚かれたっていうか、ドン引きです。

 

わたしは普段の話し声はどちらかというと低めですし、まあ普通にオバサンなので、それなりに落ち着いた感じの話し方をしていると思います。

もちろん、年相応に見た目もオバサンですし、性格的にも地味な存在なので、そんな地味な人からあのちゃんの声が出るのはなかなか衝撃的なようです。

どこかで披露してみたい気もするけど、娘には

 

「怖すぎるからやめたほうがいい」

 

と止められました。ひどーい。

 

あのちゃんの声を出すには、キュッと喉を絞めることを意識します。

喉を裏返す感じ?

わたしは子どもの頃、サザエさんちのネコのタマの声真似を得意にしていましたが、喉の形はそれとよく似ている気がします。

わたしにとってはわりと簡単ですが、娘に教えてやらせてみてもできるようにはならないので、やはりこれはわたしの特技といって良いでしょう。

 

やってみてわかったことですが、あのちゃんの声は、完全にリラックスした喉の形状で出せる声ではないので、

 

あのちゃんは

 

「やってる」

 

と、わたしは思います。(違ったらゴメンね)

 

あのちゃんの声が出せるオバサンは怖いですか。

娘には止められていますが、どこかで使って誰かを驚かせてみたくもあります。(予定はない)