あてもなく

誰かへの手紙

自分のためにお昼ごはんをつくるということ



今日書こうと思って考えてたネタ、なんとなく以前にも書いたような気がしてぼんやり過去記事をあさってみたら、今考えてるのとまるっきり同じ事がしっかり書かれてありました。

まだ1年も経ってないのに忘れるか。残念。

 

というわけで、本日ネタなしからのスタートです。

 

さてさて。

昨日・今日と、久しぶりに昼間に家でひとりという平日が戻ってきました。

それこそもう半年以上ぶりなので、戻ってきたというよりは新たに始まったような不思議な感覚。

子供の学校はまだ完全に始まったわけではなく、明日から週末にかけてはまた在宅です。よって、この「あたらしい平日」はまた来週までお預け。

 

昨日、久しぶりに一人でお昼を食べられる記念にカップラーメンを食べてみたら、午後ずっとお腹が苦しくて、しかも15時過ぎぐらいにはめちゃくちゃ眠くなって、ソファで1時間ほど眠り込んでしまいました。

まあ、気が緩んでどっと疲れが出たのかなというのもあるのだけど、先日書いたとおり昼ごはんに変なもんを食べると午後に調子が悪くなる説が当たっているのかもしれない。

今日はそれで、自分ひとりだというのにまな板を出してちゃんと野菜やお肉を刻んで、フライパンで炒めてソース焼きそばを作ってみたんですが、そしたらやっぱり午後になってもそんなにしんどくないのよね。

カップラーメンとソース焼きそばにそんなに違いがあるか?って思うけどね。

 

以前は自分ひとりのためにまな板やフライパンを汚すなんてめんどくさいし、洗い物や後片付けもめんどくさい、って思っていたけど、半年の修行を経て家事体力みたいなのがついたのか、それほど苦にならなかった。

やっぱり3人前よりは1人前の方が作るのも片付けるのもラクだよ。当たり前か。

まー、なにしろ「自分だけのお昼になんか、手をかけてたまるか」というところにこだわってしまうのは良くないってことはわかりました。

午後の時間をお腹の苦しさや眠気で棒に振るぐらいなら、きちんとお昼を作って食べて片付けることに少し時間を使った方が効率的ってことですね。

 

しかしまあ、家族がいない家の静かなことよ。

昨日はちょっと用事があって午前中から昼過ぎにかけて外出していたけど、今日はゴミ出し以外で外へ行かなかったので、時間の流れがゆっくりです。

そのうち寂しくなってくるのかなあ。

まあ、今はこれでいいや、ね。

束の間の平和を楽しむことにします。