あてもなく

誰かへの手紙

クレジットカード番号と「洗い替え」について



たまたまこういう記事を見かけたので、久しぶりにクレジットカードの話題です。

 

jbpress.ismedia.jp

 

クレジットカードの情報が漏れ、不正利用されてしまった人のお話です。

気になったのは、3ページ目にあった記載についてです。

 

カードを新しくしても、なぜか利用していないNETFLIXの料金が

 

というタイトルで、以下のように記されている。

 

 間もなく新しいクレジットカードが送られて来た。カード番号も変わり、これで不正請求もなくなると思いきや、翌月の利用明細では、6月下旬と7月下旬に2度、NETFLIXの視聴料7ポンド99ペンスがチャージされていた。筆者はNETFLIXの利用者ではないので、すぐにカード発行会社に電話し、支払いを拒否。再度カードの発行手続きをしてもらう。「いったいどこから情報が洩れているんですか?」と訊いたが、原因は分からないと言う。

 間もなく別のクレジットカードが送られて来て、今度こそ安心と思いきや、次の利用明細に、またNETFLIXの7ポンド99ペンスが!


 また発行会社に電話し、支払いを拒否し、情報漏洩の理由を訊いたがやはり「分からない」と言う。

 いったいどうなっているんだと思い、ネットで調べると、NETFLIXの不正請求は結構あるらしく、「ここに電話して下さい」とNETFLIX社が電話番号をネット上に掲載していた。早速電話すると、ギリシャにあるコールセンターにつながった。

 事情を説明すると、「不正請求分は返金し、利用取引自体を取り消します」と言う。「いったい誰が勝手に契約したんですか?」と訊いたが、教えてはくれなかった。「どうして新しいクレジットカード情報が次々洩れるんですか?」と訊くと「契約しているお客さんのクレジットカードが新しいものに更新されると、自動的にその情報がクレジットカード会社から送られてくるんです」と言う。「はあー、そうなってたの!」とようやく合点がいく。

 

被害に遭ったクレジットカードは再発行され、番号が変わった。

これでもう不正利用されることはないだろうと思っていたが、身に覚えのないNETFLIXからの請求が来る。またカード番号が漏れたのかと思ってカード会社へ支払拒否の連絡をし、カードの再発行もかけるが、次の月もやはり同じようにNETFLIXの請求が来る。

筆者は「なぜカードの番号が漏れ続けるのか」と疑問を持ちカード会社に尋ねるが「不明」との回答。

NETFLIXに電話をして、初めて謎が解ける。

カード番号を変えても変えてもNETFLIXから請求が届き続ける理由。それは、

「契約しているお客さんのクレジットカードが新しいものに更新されると、自動的にその情報がクレジットカード会社から送られてくるんです」

ということだった。

 

これを読んで「なにそれ!ありえなくない?!」って思う人の方が多いかなって思ったんですが、こういうことってもしかしたらどこでも普通にありえる話かもしれないと思いました。

(上記の件でいえば、本当は、カード会社の担当者が先に気がつくべきだったとは思うけど)

 

クレジットカード決済の盲点? 月次決済について

クレジットカードが盗難や情報漏洩の被害にあった場合、そのことが発覚すればすぐにそのカード番号は利用停止の措置が取られ使えなくなります。

一度その情報がクレジットカードの情報網で共有されると、実際のお店でもネットショップでもカードの利用承認が絶対に通らないので、決済することはできません。

(実際、上記記事の筆者のカードも、会員本人が気付く前にカード会社が不正利用の兆候を掴んで利用停止の措置を取っています)

 

しかし、それでは止まらない可能性がある決済が一部あります。それが、月次決済。

月次決済は、申し込んだ時に利用承認がおりれば、翌月以降は毎回利用承認を取らなくてもカードの売上を上げられる仕組みです。

(厳密に言えば利用承認は取ってるんですけど、ちょっとルートが違うというか……ここはあえて単純な言い方をしておきます)

カードの不正利用が発覚する前に成立していた月次決済の契約であれば、最初のカード番号が無効になったあとでも、再発行された新しい番号に引き継がれる可能性が高いです。

 

クレジットカードで携帯電話や公共料金、ジムの会費や習い事の月謝などをクレジットカード払いに設定している方は結構たくさんいらっしゃるのではないかと思います。

クレジットカードで毎月使用料や会費が落ちるようにしておけば、払い忘れがなくて便利ですよね。

あれ、毎月カード番号入力して決済しなきゃいけないんじゃ大変でしょ?

最初に一度申込書を書くだけで以降はずっとおなじカードから引き落としてくれるなら、その方がずっと便利ですもんね。

 

月次決済加盟店とカード会社の間では、お客を介さずにクレジットカードの情報をやりとりできる

 

タイトルの通り、月次決済では普通のカード決済よりも高度な情報共有をしますので、どんな加盟店でも簡単にクレジットカードの月次決済を導入できるわけではありません。社会的な信用や実績などを元にクレジットカード会社が審査して月次決済可とした加盟店だけです。

 

たとえば、クレジットカードには有効期限がありますが、それが自動更新された時には、カード会社はその情報を加盟店に共有します。

クレジットカードの有効期限が切れて新しいカードが届いたとき、わたしたちはいちいち携帯電話会社に連絡したりしませんよね。

カード番号が変わってないから当然?

いえいえ、有効期限が違うだけでもカードは原則として使えなくなります。

それでも継続して支払が出来るのは、カード会社と携帯電話会社の間で勝手にその情報をやりとりしてくれているおかげです。

有効期限だけではなく、何らかの都合でカード番号が変わった際にも、場合により同じような対応が取られる可能性があります。

そういう一連のやりとりのことを、クレジットカード業界では「洗い替え」と呼びます。

 

card.benrista.com

 

クレジットカードの洗い替えとは、有効期限が切れたクレジットカードの番号から、新しい番号に自動的に変更してくれるサービスのこと。毎月引き落としをする月額払いの支払いで利用される。

洗い替えが行われることによって、クレジットカード情報が更新された場合に利用者が登録情報を変更しなくても支払いが滞りなく行われるというわけだ。

 

このおかげで、携帯電話会社は電話料金を取りはぐれるリスクが下がるし、会員もいちいち携帯電話会社に届け出る手間が省けているのです。

クレジットカードの有効期限切れのせいで電話料金が落ちなくて電話が止まっちゃったら不便でしょ。そうならないための「洗い替え」です。

 

有効期限についてばかり説明してきましたが、何らかの事情でカード番号が変わった場合にも同じような対応になる可能性はあります。たとえば下記のように、紛失や盗難で再発行した場合でも。

 

www.vja.gr.jp

 

Q. カードを紛失(盗難)し再発行しました。公共料金・通話料・インターネットなどの代金をカード払いで支払いをしていますが、何か手続きは必要ですか?

 

A. はい、必要です。
カードの再発行をすると『カード番号』が変わります。公共料金・通話料、インターネット等の継続的なお支払いにカードをご利用いただいている場合、カード情報(カード番号・有効期限)の変更手続きがされないとご利用のサービスが停止する場合がございますのでご注意願います。
加盟店によっては自動的に新しいカード情報へ変更させていただく場合もございますが、原則、カード情報(カード番号・有効期限)の変更はお客さまご自身で各契約会社へご連絡いただく必要がございます。お手数ですが各契約会社へお客さまより直接お問い合わせをお願いいたします。

 

原則として、自分でちゃんと届け出て欲しいけれど、と前置きしつつ、

 

加盟店によっては自動的に新しいカード情報へ変更させていただく場合もございます。

 

と、あります。

カード会社によって・加盟店によって違いますが、電力会社や携帯電話会社など大手でしかも支払いが滞ると使えなくなって大変になっちゃう類の支払いは、「洗い替え」で保全されてるケースが多いと思います。

 

最初に紹介した「カード情報が漏洩して大変だった人」の利用していたカード会社と、NETFLIXとの話を読んだとき、ああ「洗い替え」かな~と思いました。

 

不正に契約された月次決済なのにそんなのでいいのか?

って思うかもしれないけど、そのカードが不正に利用されていると判明する以前にされた取引については、遡って申し出ない限り本人がしたものと見做されます。

不正にカード情報を入手した人がよほど手が早くて、不正利用が発覚する前にサクッとネトフリに入っちゃったんでしょうねえ。

まとめ

クレジットカードのややこしいところは、すべての会員がすべての加盟店での利用について必ずしもすべて一律に同じ対応になるとはいえないところです。

携帯電話だって、なんかの都合で逆にカードでの月次取引が途中でできなくなって郵便でコンビニ支払用紙が届いちゃうなんてこともありえます。

いろんな事情が絡みあって結果がはじき出されていますので、何かおかしいなと思うことがあれば、自分からちゃんとカード会社に申し出て調査してもらいましょう。

 

カード会社のコールセンターといえば、電話が繋がりにくかったりせっかく電話したのに「利用した店に連絡しろ」と言われたり、「たらいまわし」などと言われて何かと評判悪いですけど、カード決済って、今はたくさんの金融機関や決済代行会社なんかが絡んでかなり複雑な仕組みで動いているので、ある程度仕方ないのかなと思います。

しかし、現金を泥棒されてどこかで使われたらほぼ間違いなく戻ってこないけど、クレジットカードの不正利用の場合だと、ちゃんと対処すればかなりの確率で戻ってくるし、対処が早ければ口座から落とされすらしないで済むケースも多々あるので、ある意味現金より安全だとわたしは思ってます。

 

以上、カード会社で電話を取っていた経験から、マニアックなお話でした。

やっぱわたしカード業界好きだったみたい。久しぶりに血が騒いだわw