あてもなく

誰かへの手紙

健康診断に行ってきたよ コロナ時代の健康診断



わたしは毎年6月に健康診断に行っている。

今年はどうなることかと心配していたけれど、いつも利用している健診センターは元気に営業中でした。4月あたりはお休みしてたみたいだけど、5月に再開した模様。

再開した直後はなかなか予約が取りづらかったというけれど、2週間ぐらい前に今日あたりの空き状況を確認してみたら、わりと好きに選び放題って感じだった。

 

この健診センターを利用するのはたしかもう5回目ぐらいで「勝手知ったる」だと思っていたんだけど、さすがに今回はいろいろ勝手が違うことがあって面白かった(?)のでどんな感じかまとめてみようと思う。

 

入館チェックが徹底している

健診センターは、ターミナル駅の駅前の、とある高層オフィスビルのワンフロアにある。該当の階でエレベーターを降りると、まず「手を洗ってから入館してください」との注意書きがあってエレベーターホールに直結しているトイレへ矢印で誘導される。

手を洗っていざ入館すると、待ち構えていた案内係に「手指消毒をお願いします」と促され、アルコール消毒液を手に付けるように言われる。

「いや、洗ったし」とは思ったけど、まあ多分洗わないで入ってきちゃう人もいるかもしれないから仕方ないのかな。

その後、おでこにかざすタイプの体温計で検温。

コロナっぽい症状がある?

コロナの人と濃厚接触した可能性がある?

最近人混みに出かけた?

等々たくさんの項目のアンケートにすべてNoと答えることができた人だけが健康診断を受けることが出来る。

 

ちなみに、マスク着用も必須条件。

館内にいる間は基本的にずっとマスクを付けたままで過ごしてくださいとのこと。

考えてみたら、バリウム飲む時とそのあと下剤飲む時以外はずっとマスクしたままだったわ。

 

消毒とソーシャルディスタンス

おそらく予約の時点で人数が絞られているので、館内に入ってみるととても空いているなあという印象。だから、いつもよりも早く済むかと期待したのだけど、終わってみれば所要時間は以前と同じか却って長かったような気がする。

 

健診着に着替えるためのロッカールームは最大で3人ぐらいしか使っていないし、同時にロッカールームに入る人同士離れた番号のロッカーへ誘導するように工夫されているっぽい。

検査待ちの椅子も間隔を取って置かれているし、長椅子は詰めて座らないように真ん中に「間隔を開けてください」という貼り紙をするなどしてある。

もともとパーティションできっちり仕切られている採血のブースなんかも、できるだけ隣同士並んで使わないように工夫されていた。

また、ほぼすべての検査で、客と担当者の間に透明シートで仕切りがしてあった。

検査器具や寝かせられる台は一人使うごとにアルコールで拭いてから次の客を通すことになっている。

(検査によっては「上半身脱いでベッドに横になってください」などと言われるが、横になるとまだアルコールで拭いたあとが乾ききってなくて「ひやっ!」とする。)

 

そんな風に、利用者同士の間隔を取り、消毒を徹底するおかげで以前よりも所要時間が長くなってしまっているようだった。

 

お茶のサービスは中止

そこの健診センターでは、すべての検査が終わるとラウンジでお茶とお菓子のサービスがあった。わたしはそのティーサービスでコーヒーを飲むのを毎回それなりに楽しみにしていたのだけど、やはり感染予防の観点から中止しているとのこと。

かわりに、帰りにペットボトルの水ときっちり包装されたクッキーをくれた。

 

番外編・駐車場問題

健診センターの問題ではないので番外編とします。

わたしはいつも健診にはクルマで行っている。

駅前なので駐車料金は高いんだけど、平日昼間に最大料金設定がある駐車場があって、そこに停めれば時間を気にせず過ごすことができる。

が、今日行ってみたらその最大料金設定のある駐車場が閉鎖されていた。半公営の駐車場なので、ひょっとしたらコロナ対策なのかも。

駅前の繁華街でゆっくり過ごす人が増えるのを防ぐために、わざと閉じてしまったのではないかと思う。

それで、仕方がないので最大料金設定がない普通の駐車場に停めたのだけど、時間が気になって落ち着かなかった。

まさかそんな影響が出ているとは思わなかったので、この件はかなりショックだった。

デパートの提携駐車場だったので、すこし買い物をして無料駐車サービスをゲットして駐車料金を抑えることはできたが、それなりの出費にはなってしまった。

ちなみにデパートで買ったのは、健診がんばったご褒美の豪華弁当とケーキである。

まあ、そんなことでもなければあまりデパ地下の豪華弁当なんか食べられないので、たまには良いかな。

 

健康診断に関して気がついたウィズコロナ的変化はこんな感じ。

どの業種もなかなか大変だよねえ……という感想になるのかな。

以前は待合の椅子にきっちり詰めて座らされたり、場合によっては待合スペースに座る場所がないぐらい混んでる時もあったので、それを考えると、間隔を取って座れるように工夫されているのは快適で、良くなったと感じた部分もあった。

まあ、ともあれ予定通り健診を受けさせてもらえて良かった。なんとなく肩の荷が下りた気分。

今年は「例年通り」が通用しないのが当たり前になってるので、少しでも「例年通り」の事を済ませられるとなんだかホッとするわ。