あてもなく

誰かへの手紙

癒やし記事のご紹介 《「3食エンドレスごはん」の料理担当はつらい。》



今朝だったかな、Twitter見てたら流れてきた記事。

 

www.huffingtonpost.jp

 

大事なところに線を引こうと思ったら全部大事なところだったから全部線引いちゃったみたいなぐらいの良い記事でした。

 

まずタイトルがいいよね。

「3食エンドレスごはん」

っていうの。わたしも現在経験している地獄です。

同じ地獄の住民のみなさま、お疲れ様。是非読んでみてね。

 

「簡単なものでいいじゃないか」

「お弁当買ってくればいいじゃないか」

「冷凍物でいいじゃないか」

 

っていう対処法は、わたしもそれなりに全部やっているのですよ。

だけどしんどい。どうしてなんだろうって考えてみたのですがね。

結局、簡単な物であろうがお弁当を買ってきて済ませようが、なんでもいいけど、家で食べる場合、「ご飯担当」は

「今回の食事には、これを食べましょう」

ということを決定して家族を導かなきゃいけない。

その役目こそが、とても重いのだと思います。

もはや、調理や後片付けはオマケみたいなもんと言っても過言ではない。

何を食べるか決まった時点で、今回の食事はもう終わったようなもんなのです(それはさすがに過言なのかもしれない)

 

昼ごはんを、家族がそれぞれ勝手に食べてきてくれてたのって、ほんと今考えたらなんてラクだったんだろうって思う。

 

何回も提唱してますが、向こう3~4日分の献立をまとめて考えておくのはとても良い取り組みだと思っています。

少なくとも昼ご飯を作りながら「夕飯どうしよう」と考えるほどの地獄は味わわずに済むから。

そして、その献立の予定表は紙かなんかにまとめて家族の誰でも開いて見られるようにしておくのがオススメ。

置いておけば「ねえ、今日の夕飯なに~?」攻撃を受けずに済むのです。

ウチでは、スケジュール帳を1冊用意して、そこに献立を書くようにしています。そのスケジュール帳は、ダイニングテーブルの上に常に置きっぱなしにしてあります。

今日の夕飯ってなんだろう?と思ったら、お母さんにいちいち聞かなくても黙ってそのスケジュール帳を開けば良いのです。

我が家ではそのスケジュール帳を「時の指針書」と呼んでいます。

 

wikiwiki.jp

 

Ver.4.0シナリオに登場するキー要素のひとつ。
【エテーネ王国】の国民一人一人に配られる、より良い未来を得るためにすべき行動を示した指針書。
国民ほぼ全員が一様に背負っている書物がこれである。 

特殊な錬金インクで書かれており、当代の国王(本編では【ドミネウス王】)が行った未来視の結果を元に遠隔操作で自動更新される。
個々人に沿った内容になっているが、その内容を他人に見せる事には特に制限は無く、むしろ有益な未来のための議論に活用することが推奨されている。

 

ドラクエ10では、時の指針書は王様が未来予知の能力を使って見てきた未来の予想をもとに自動で更新されるという設定でした。

ウチの「時の指針書」も自動で更新されるならいいのにな!