あてもなく

誰かへの手紙

「我慢」は続かない



連日、どんよりした記事になります。

 

この生活が始まって、2ヶ月が過ぎました。

わたしも、なんだかんだ言いながら、工夫して前向きに頑張ってきたはずなんだけど、やはり一昨日辺りに「我慢の限界」がやってきたようなのです。

いっときの我慢と思ってここまでやってきたけど、どうやらこの生活は終わらない。

それどころか、世の中を見ていると「在宅でも案外できるじゃん」ってことになりつつある感じ。

多分、今だけ我慢すれば元に戻るようなものじゃなくて、変わってしまったんですね。

そろそろわたしも、我慢じゃなくて、この生活を標準と考えなければいけないらしいです。

 

だとしたら、今のままのやり方を続けていてはわたしの心がもたないと思いました。

わたしは今は、昼間、家の中で仕事をする人と家の中で学校に行く人の邪魔にならないように、基本的には部屋でじっと過ごすようにしているわけですが、もしこれが「いっときの我慢」ではなく日常なのだとしたら、そんなのやってらんないって正直思うのです。

この過ごし方はきちんと考えて見直さないと、潰れてしまう。

結構本気で「危険」です。

 

わたしも部屋の中でできる仕事を見つけるとか、それともそろそろ外に働きに行くことを考えるとか。

手っ取り早い方法としては、とりあえず、バイト行くのが良いのかも。

 

午前中は朝ご飯~洗濯・掃除~昼ご飯の流れで結構忙しいので、部屋に籠もって鬱々としているのは昼食後から夕飯を作り始めるまでの間。

そのぐらいの時間帯に短時間、毎日じゃなくても良いけど働きに行けば少しは生きてる感じがすると思うし、働きに行かない日に部屋で本を読んだりアニメを観たりする時間も楽しめると思う。

 

まあ、勝手には決められないので家族に相談してからですが。

とにかく「現状維持」は無理!もう無理。