あてもなく

誰かへの手紙

「買い支え」について思ったこと



はてなブックマークで上がってた記事について、少し思い出したことがある。

 

togetter.com

 

こちらは「好きなお店があったら”そのうち”とか言ってないでちゃんと通って支えないと潰れちゃうぞ」というようなことを言ってる連続ツイートと、寄せられた賛同ツイートのまとめ。

それに対してブコメでは「そうは言っても、潰れる店は潰れる」という反対意見が優勢の様相。

 

そんで、ちょっと関係あるけどあんまり関係ないことを思い出した。

ずーっと前にわたしがこちらの記事で紹介した商品の話である。

 

www.atemonaku.com

 

この中で紹介している「オールド・エルパソ タコスパイスミックス」は、タコスの具である「タコミート」を作るためのシーズニングだけど、ウチでは「タコライスの素」と呼んでいて、とってもお気に入りの商品なのである。

この「タコライスの素」は、わたしが一番良く行く激安スーパーで売られていたのだけれど、ある日突然棚から消えた。

最初に見たときから、店内のなんとなくひとけの少ない通路のちょっと取りづらい高いところに並べられていたこともあって、放っておくと消えるのではという不安を感じていたので、「わたしが定期的に購入して買い支えなければ」と勝手な使命感を持って購入していた。

買い支えと言っても、普通にウチで使いたい分を全部よその店では買わずに激安スーパーに集中させて、せいぜい月に1~2パック買ってただけなんだけどね。

まあ、そしたら案の定、激安スーパーの棚から「タコライスの素」はあっけなく消えてしまったのだ。

 

仕方ないので、激安スーパーで以前から取り扱いがあった他社製品(S&Bのタコスシーズニング)を買ったり、カルディで割高ながら買ったりしながら1年近く耐え忍んでいた。

耐え忍びつつ、激安スーパーに行った際にはとりあえず香辛料コーナーを未練がましく観察するようにしていた。

 

そしたら、つい先日。激安スーパーの香辛料コーナーで「タコライスの素」の販売が復活していたのだ。しかも、腰よりすこし下ぐらいの比較的目に付きやすい位置に!

 

誰かのご尽力があったのか、それともたまたまなんかの事情で1年ほど取り扱いできなくなってただけなのか知らんけど、願いは通じてわたしはまた激安スーパーで「タコライスの素」を買えるようになったわけだ。

 

わたしなんて、買い支えといってもたいした量を買うこともできず、復活のために店に投書したり店員さんを捕まえて文句を言ったりするでもなく、完全なサイレントマジョリティ客としてぷかぷか流されているだけなのだけど、まあつまりそれって「買えるときは買えるし、買えないときは買えない」というだけのことなんだよね。

 

要は、自分の行動によって何でもコントロール出来るわけがないんだし、望んだ結果が得られなくても別に自分のせいだと考える必要はないのでは? ってことだ。

タコライスの素も、気に入りの店も、「買い支える」なんてことは個人の力では無理だと思うし、もし自分の望み通り存続しているとしてもそれは自分が買い支えたおかげなわけがないのだ。

 

そういえば、以前読んだ別のまとめでこういうのがあったのを思い出した。

ここまでやれば、どうにかなることもあるのかも。

 

togetter.com

 

ここまで出来る人はなかなかいないし、やるのであればこれぐらいの覚悟が必要だよなあ。