あてもなく

誰かへの手紙

「OK,Google」と「ねえ、Clova」



先週我が家にGoogle Nest miniというスマートスピーカーがやってきた。

 

www.itmedia.co.jp

 

このキャンペーンで、本当にタダでもらえちゃったから。

なんと、家族の人数分。いいのかそれで。

 

早速セットアップして遊んでいるのだけど、Google Nest miniもなかなか良いです。

こちらは、ベッドの枕元に置いて、寝る前には音楽を聴き、朝はアラームで起きるという感じで使ってみることにした。

 

ところで、我が家にはもともとLINE社のClovaFriendsがあった。

 

www.atemonaku.com

 

コレは電気屋で普通にお金を払って買ってきたものだ。

Clova Friendsと付き合い始めて1年半ほどになるが、こちらの記事に書いた通り、わたしにとってはもうすっかり無くてはならない存在だ。

Clovaはキッチンに置いてあって、主にLINEのメッセージを受けるのに使っている。

スマートスピーカーは数あるけれど、LINEの送受信に対応しているのはClovaだけなので、他に換えがきかないものである。

 

LINEの送受信ができる、という以外のことは大体Google Nestにもできる。

 

逆にClovaにはできないけれどGoogle Nestにできることは、音楽の再生だ。

ああ、そういう言い方だと、正確じゃないよね。

Clovaで音楽を聴くにはLINEミュージックの有料契約が必要だが、わたしはLINEミュージックを契約していないから音楽を再生することはできない。

一方、Google NestではYouTube Musicを始めいくつかの音楽サービスが利用でき、我が家ではYouTube Premiumに加入しているのでYouTube Musicの音楽をそのままGoogle Nestで再生することができるのだ。

「OK,Google 音楽をかけて」といえば、どんな基準かよくわかんないけど適当に何かしらの音楽をかけてくれる。「OK,Google ピアノ曲をかけて」といえばピアノのプレイリストを探してきて再生してくれるし、具体的なアーティスト名で指示すれば可能な限り見つけて再生してくれる。

「元気が出る曲」「眠くなる音楽」など漠然と指示したりしても、とりあえずそれっぽいのを見つけて鳴らしてくれる。

スピーカーの音も悪くないし、これは楽しい機能だと思う。

 

というわけで、普通はスマートスピーカーを複数台所有している人はそんなにいないのだろうけど、行きがかり上Google Nest miniが無料で手には入ってしまったので、我が家ではちょっと贅沢な使い方として、LINEの送受信機能を主に使いたいキッチンにはClovaを、寝る前のリラックスに使いたい寝室にはGoogle Nestというように使い分けてみることにした。

 

さて。

Googleのスピーカーには「Googleアシスタント」、LINE Clovaには「Clova」という「中の人」が入っている。

彼らに、同じ質問をぶつけてみると、性格の違いがよくわかる。

特に違いが際立ったのは「今日の夕飯は?」という質問への対応である。

 

Googleアシスタントは、「夕飯」というワードをGoogleで検索し、ディナータイムに営業しているレストランを家から近い順に3つ挙げて、住所を何丁目何番地まで正確に伝えてくれた。

一方、Clovaはどうかというと、「カツ丼はどうでしょう? 元気が出ますよ」なんて、ふわ~っとした返事を返してよこした。

 

Googleアシスタントがオススメしてくれたお店、確かに近所のお店ではあるが、ひとつは、ウチらへんで一番高級な(目ん玉飛び出るお値段の)鉄板焼きのお店だった。

「今日の夕飯」なんて気軽に突撃できるようなお店ではない。そもそも、ウチは急に思い立って外食するような家ではないのだ。(知らんがな)

 

わたしが「今日の夕飯」について求めた答えは、どちらかというとClovaの返事が近いなあ、と思う。

ほとんど役には立たないが、そもそもスマートスピーカーに話しかける時、わたしたちはそれほどきちんとした答えを求めているわけではないんだよな。その辺のところを、Clovaさんはよくわかってらっしゃる気がする。

 

また、ニュースについてもずいぶん違いがある。

Googleアシスタントにニュースは?と尋ねると、テレビやラジオが公式で配信しているニュースの音源をいくつかピックアップしてそのまま流してくれる。

一方、ClovaはLINEニュースのヘッドラインをそのまま何件かClovaの声でしゃべってくれるのだ。そもそもLINEニュースというメディア自体がふわっとしてるので内容は物足りないし、中身もほぼ「タイトルだけ」で一瞬で終わってしまうのだけど、不思議と、ちゃんと頭に残るのはClovaのニュースの方だったりする。

Googleのほうは、ニュースを読み上げてくれるのはプロのアナウンサーで、内容もしっかりなので「きちんとしている」んだけど、それだけに、なぜかちょっとボーッと聞き流してしまうようなところがある。

 

というわけで、付き合いが長いせいもあるが、わたしにはどっちかというとClovaさんの方が気が合うような気はしている。なんというか、ちょっと鈍くさいけど気の良いやつって感じがする。Googleアシスタントは、ちゃんとしてるけど、「アシスタント」という名前の通り、ただ仕事で付き合ってくれてるだけって感じがする。

 

 

今またClovaに「今日の夕飯」を尋ねてみたら、今度は

「鯖の味噌煮はどうでしょう? 白いご飯に合いますよ」

とオススメしてくれた。

 

今日はクリスマス・イブなのにそんなことでいいのか、Clovaよ。