あてもなく

誰かへの手紙

Apple Watchをかなり真面目に検討する(2)



わたしが欲しいApple Watchは、

Apple Watch Series5 GPSモデル 40mm

に決まった。

 

ケースとバンドを選ぶ

あとは、ケースとバンドを選ぶだけだけれど、

「GPSモデルを選ぶ」と決めた時点で、ケースはアルミニウムのものを選ぶしかないということが昨日までの調べでわかった。

カラーは、スペースグレイ・シルバー・ゴールドの3種類から。

なんとなく、無難にシルバーかな~。でも、少し迷う。

 

バンドも、まあいろいろあるけどとりあえず標準のものを選んでおけば良い気がしてきた。

というのも、バンドは後から別で購入できるからだ。

純正のバンドももちろんたくさんあるが、それ以上にサードパーティー製のバンドが多数販売されているので、気分によっていろいろ使い分ければいいではないか。

Amazonなんかで検索してみると、純正のものに見た目そっくりなのに笑っちゃうぐらいお値段が安いものがたくさん出てて、多少不安になるぐらいだけれど。

ま、そんなわけで、初期のバンドはスポーツループのやつを適当に選んでおけばいいんじゃね、って感じになってきた(だんだん投げやり)

ちなみに、エルメスのバンドも、後から単品で購入することができる。

バンドだけで35800円~51800円もするからさすがにそれはないかなと思うけど。

 

ケースがグレイかシルバーならバンドはスポーツループのカーキかな。

ケースがゴールドならバンドはスポーツバンドのピンク。これが、ちょっとおもちゃっぽいけどなかなかかわいいような気がする。

でも、多分わたしは後からレザーかメタルのバンドを買うので、本体は結局シルバーにしておいた方が合わせやすいような気がするんだよなー。いやー、難しいね。

 

いずれにせよ、アルミニウムケースにスポーツバンド(か、ループ)の組み合わせだと、お値段は42800円(税別)ということになるが、これがApple Watch Series5を手に入れるにあたって最安値ということになる。

 

アルミニウムケースの注意点

GPSモデルを買いたい以上アルミニウムケースを選ぶしかないわけだけれど、検索してみるとステンレスケースを推す記事がたくさんあるので、一応触れておく。

 

たとえばこちらなど。

www.maturikun.com

 

ステンレスケースを勧める理由がたくさん書かれているがその中でわたしにも少し引っかかったのは、文字盤にあたる部分に使われているガラスの素材の違いについて。

 

Apple Watch Series 5の画面はアルミモデルとそれ以外のモデルで使われている素材が違います。

 

MEMO
アルミモデル→Ion-Xガラス(強化ガラス)
それ以外のモデル→サファイアガラス

 

サファイアガラスと言えば高級腕時計にも使用されているガラスで、通常の強化ガラスより硬度が高いのが特徴です。

サファイアガラスの硬度は「9」とかなり高く、傷がほとんど付かないと言っても過言ではありません。

また、透明度が高い特徴もあるので側面の素材だけでなく、画面のガラスも大きな違いがあると言えます。 

 

「Apple Watch、アルミ、傷」などのワードで検索すると、1週間程度で表面のガラスが擦り傷だらけになったApple Watchの画像などがどんどん出てくる。やはり、アルミモデルは傷付きやすいのだ。

ただし、調べてみると当然のように画面保護フィルムやケースを保護するカバーも商品がたくさん発売されている模様。どの程度の見た目になるのかわからないが、とりあえず、2000円以内で対策ができそうだ。

 

結局、ご予算おいくら?

本体 42800円

別売りバンド 2000円

保護フィルム・ケース 1000円

消費税 4580円

合計 50380

ところで、ほんとにApple Watchで大丈夫?

もうすっかり買う気になっているけれど、一応、最初に、Apple Watchを導入するにあたって不安に思っていた点について一応おさらいしておきたいと思う。

 

ひとつめ、

スマホの電源を切らなければいけない場面で、Apple WatchをそのままONの状態で身につけていて大丈夫なのか?という問題。

 

applewatchjournal.net

 

シアターモードという機能があるそうで、こちらに設定していれば映画館やコンサートホール、式典の会場などでそのまま時計として身につけていて問題なさそう。

 

ふたつめ、

フォーマルな服装にはApple Watchは似合わないのではないか。

 

www.gizmodo.jp

腕時計のサイズが大きいと、どうしてもメンズライクでスポーティな雰囲気が出てしまいます。なのでフェミニン系な、たとえばスカートとかワンピースとかを着るときにApple Watchを着けるのは、どうも合わない感じがします。指輪とかブレスレットとか、他のアクセサリーとも合わせにくいです。

 

やっぱりそうだよねえ。さらに引用します。

 

Apple Watchがあることで全体のテイストがつねにスポーティ寄りになるのが納得いかないんです。

だったら気分じゃない日は外しとけばいい、って思われるかもしれません。でもApple Watch生活に慣れると、Apple Watchなしで出かけるのってスマホなしで出かけるのと同じくらい心もとなくなります。活動量の記録が途切れるのもなんとなく悔しいです。なのでぜひ、Apple Watchにはもっといろんなテイストをこなしてほしいんです。

 

わたしもまだ使ってないけど、そう思う。

もうちょっとなんとかならないのかな!ってね。

 

ただ、現時点ではApple Watchはこういう状態であり、今はそれでも欲しいかどうかを考える時であります。

んで、考えた結果、

 

やっぱ欲しい(即答)

 

おそらく、Apple Watchなんか買っちゃって、フォーマルでもどこでもバンバン付けてたら、ちょっとした変わり者感が醸し出されるのは避けられないだろう。

だけど。

 

まあ、もともと変わり者だしな!

 

別に、それでいいんじゃないかなと思ったのです。

 

最後に、こちらの記事を紹介しておきます。

kakakumag.com

 

2015年の記事なので古いモデルのものになるが、筆者の「気に入った」感が伝わってくる良い内容。

わたしも、次Apple Watchの話をするときは「買っちゃった!」って記事を書くのかな。楽しみですね。