あてもなく

誰かへの手紙

モチベーション以前のことが問題になっている場合



今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」

f:id:atemonaku:20180721165338j:plain

 

こういうお題で書くのに逆のことを言いますが、わたしは「モチベーション」の力をあまり信じていません。

大人になると、モチベーションの有無でやるとかやらないとか決められることってほとんどなくなると思いませんか?

今もせっかくちょっと時間ができたかなと思ってブログを書いていても、洗濯機が止まってブザーが鳴ったら手を止めて洗濯物を干しに行かなくてはなりません。

洗濯物を干すモチベーションが高いからではなくて、干さなきゃ仕方ないから干すのです。まあ、そういう意味で言えば、そうこうしているうちにブログを書くモチベーションは下がるわけですが。

わたしがブログを書くモチベーションを上げる(せめて、保つ)には、目の前の用事が消し飛んでヒマになる必要があると思います。

しかし、毎日ヒマでブログばっか書いているとどうなるかというと、今からほんの1ヶ月ほど前のように、寂しくて鬱々として、書きたいこともなくなってしまうわけで、まあとにかくその辺の加減って難しいなあと思います。

 

わたしの生活は常に忙しいわけではなくて、いろんな時間帯に少しずついろんな用事を抱えているという感じです。一方で、これは弱点だと思うんですが、わたしは1時間以上誰にも何にも邪魔されないまとまった時間の見通しがないと、文章を書いたり本を読んだり勉強したりし始める気になれないという問題があります。

たった今、一つの用事が片付いたとしても、このあと30分後にまた席を立たなければならないとしたら、新しいブログの記事を書き始めたり、新しい本を開いたりするよりスマホでTwitterでも眺めていようかなという感じになってしまいます。

それが、モチベーションとも優先順位とも違う、もう一つの難関です。

 

ちなみに本日は細切れ時間をものともしない作戦で、朝9時頃からブログを書き始めて、洗濯と子供の送迎と買い物と昼食と、そのあと夫と一緒に進めているゲームで遊んで、今またやっと続きを書いていますが、あと少ししたら久しぶりに友達と飲みに行く約束があるので、これ以上ゆっくりは書けません。

モチベーションは一応あるけどほかに優先順位が高いことがたくさんあって、取れる時間が限られている場合に、それは「やりたいこと」と言えるのでしょうか。

なかなか難しい問題です。

 

ああ、何もまとまらなかったけど時間が来ました。

それでは今日はこの辺で。