あてもなく

誰かへの手紙



おなかにやさしい? 朝食にかんたん野菜スープ

f:id:atemonaku:20180622142514j:plain

子供が高校に上がって、電車で通学を始めてから間もなく3ヶ月が経とうとしています。

この3ヶ月は決して平坦な道のりではありませんでした。

週に1回から、ひどい時には2日に1回ぐらいの確率で、電車の中で気分が悪くなったりお腹が痛くなったりする体調不良に見舞われ、途中下車してトイレに駆け込むこともあります。

こんなことで本当に3年間無事に通い続けることができるのか、遠くの学校に進学させたのは間違いだったのではないかと思い悩む日々でした。

 

子供が訴える症状について調べてみるとこういう言葉が出てきます。

 

起立性調節障害

過敏性腸症候群

 

いずれも、原因は「ストレス」であり「自律神経の乱れ」というところへ行き着きます。

通学の大変さもそうですが、新しい人間関係、勉強も難しくなる、そういったことから来るプレッシャーがストレスになっているというのは十分考えられることです。

しかし一方で、なんでもかんでも「ストレス」のせいにして良いのだろうか? という疑問もあります。

原因がストレスだったとして、ストレスをなくすにはどうすればいいのでしょうか?学校に行くのをやめるのでしょうか。

これからの生活の目的が「ストレスをなくすこと」になってしまっては本末転倒なんじゃないかと思います。

 

満員電車に乗り込んで遠くの学校に出かけるのは、どうしても学びたいことがあるからです。通学にストレスがあることは承知の上で、それでも学びたいことのために学校を選びました。しかし、どれだけ強い気持ちで「学校に行きたい」と望んでいても、だからといって満員電車に長時間揺られることが平気になるわけではありません。人の体はそんなに便利にはできていないのです。

つまり、気持ちだけで体の問題を解決することはできないということです。

それをそのままひっくり返すと、「気持ちだけで体に問題が起きているわけではない」と言うこともできると思います。

最近の風潮でしょうか、体の不調の原因を簡単に「ストレス」と断定してしまいがちですが、実際のところ「ストレス」だけが原因で病気にはならないと思います。

ストレスはあくまでも「追い打ち」であって、やはり、不調の原因は体そのものにあるのではないでしょうか。

 

そんな仮説のもと、わたしが子供の体のためにできることを考えてみました。

電車の中で気持ちが悪くなる(吐き気がする)とかお腹が痛くなるということは、やはり消化器に何か問題が起きているということです。

そして、消化器に問題が起きる原因は、直前に食べたもの=朝食に何か良くない点があるのではないかと考えました。そこで、朝食を見直すことにしました。

 

ということで、前置きが長くなりましたがタイトルの野菜スープです。

毎朝野菜を刻んで煮込むのはたいへんなので、夕飯を作るついでに何回分かまとめて作って容器に分けて冷凍しておくことにしました。

 

朝食野菜スープ 5回分

材料

  • 鶏ささみ 3本
  • キャベツ 100g
  • タマネギ 80g(1/4個ぐらい)
  • にんじん 50g
  • コンソメキューブ 2個
  • ネギの青いところ 1本分
  • ショウガ 1片

手順

  1. 鍋に水とネギの青いところ、ショウガを入れ火にかける
  2. 沸騰したら鶏ささみを投入し、5~7分(火が通るまで)ゆでる
  3. 鶏ささみに火が通ったら、火を止めてそのまま冷ましておく
  4. 粗熱が取れたら手で鶏ささみをさいて、1回分ずつ小分けにして容器に入れておく
  5. キャベツはざく切り、タマネギは高さ半分にして薄切り、にんじんは薄いいちょう切りにしておく
  6. 鶏ささみをゆでた汁(ネギとショウガは除く)に水を足して全部で500mlになるように調節する
  7. 6.の鍋に、5.とコンソメキューブを入れて火にかける。沸騰したら火を弱めて10分ほどコトコト煮込む
  8. 粗熱が取れたら、4.の容器に等分する。そのまま冷蔵庫・冷凍庫で保管する

f:id:atemonaku:20180622141707j:plain

冷蔵庫保管は翌々日ぐらいまで。それ以降食べる分は冷凍しておいた方が無難と思います。

 

食べる時の手順

  1. 冷凍の場合は、容器のままレンジで1分ほど加熱してから鍋にあける
  2. 水を100mlほど足してから火にかける
  3. 全体によく温まったら、好みで塩こしょうまたは醤油などで味付けする

 

保存しやすいようにわざと汁少なめ・コンソメ濃いめで作ってありますので、朝食に出すときに適宜薄めます。味付けを日替わりにすると同じ具でも飽きません。

まだ試してませんが、ケチャップを入れてミネストローネ風、水の代わりに牛乳でクラムチャウダー風とかもイケるんじゃないかと思っています。

(注:牛乳はちょっと消化に悪そうなので慎重に)

 

キャベツは消化に良く胃にやさしい野菜として知られています。

タマネギには血行をよくする成分が含まれていて、体が温まります。

にんじん? にんじんは彩りかなw しっかり煮込んであれば柔らかくて消化しやすい方の野菜だと思います。

タンパク質も欲しいので、お肉の中でも脂が少ない鶏ささみを選びました。

 

以前は焼いたベーコンと生のレタスが朝のおかずでした。

ほかの家族はベーコンエッグにするのですが、子供は目玉焼きが嫌いなので、焼いたベーコンだけ…。

脂っこいベーコンと、冷たい生野菜。もしかしたら、お腹に負担がかかっていたのではないかと思います。

ついでに、以前はトーストにマーガリンを塗ってからハチミツをかけて食べていましたが、マーガリンをやめてハチミツだけで食べるようにしてみました。

 

朝食を変えてからまだ3日なので、現在のところ効果のほどははっきりしません。

しかし、野菜スープに変えてから今日までのところ「気持ち悪くなった」「お腹が痛くなった」という報告は受けていません。

劇的に良くなるかどうかはわかりませんが、悪くなる要素も特になさそうなので、このまましばらく続けてみようと思います。