あてもなく

誰かへの手紙



開店休業

f:id:atemonaku:20180608173106j:plain

今日は子供が熱を出して学校を休んだのでずっと家にいました。

実は今日は先日こちらに「見に行く」と書いた体育祭だったんですけどね。

よりによってこんな日に、という感じですが仕方ありません。

 

一緒に体育祭を見に行こうと約束していた知り合いのお母さんからは、3日程前に「体調が優れないため行けません」と連絡をもらっていたので、今日は一人で見に行く予定でした。

約束が生きていたらそちらにもキャンセルの連絡を入れなければならなかったはずなので、その点は少し気が楽でした。

 

子供が風邪で学校を休んで、1日中眠っていると、子供が赤ちゃんだった頃のことを思い出します。物音を立てないように最低限の家事をして、あとは子供が眠っている間に自分も昼寝をするような1日が、赤ちゃん育児時代ととても似ているなあ、と。

もちろん、本当に赤ちゃんだった頃は、こんなに穏やかな日ばかりではなかったのですが(笑)

さっき、子供を連れて病院に行ってきたのですが、帰りの車で子供が「風邪を引くと、小さかった頃を思い出す。自分では何もできなくなるから」と言いました。

風邪を引いた本人も似たようなことを考えるのだなあ、と大変興味深かったです。

家で寂しく引きこもっていたら、体育祭に行っていた別の知り合いのお母さんから現地の写真付きでLINEが来たり、たまたま何も知らない妹からも珍しく雑談のLINEが来て、ちょっと心が慰められました。

あとは、静かに簿記の勉強をしてました。

 

そういえば、こんな季節でもインフルエンザの可能性はないわけではないんですってね。ちょっと熱が高いので、先ほどの診察で念のためインフルエンザの検査をされました。結果は(-)でインフルエンザではなかったのですが、最近は真冬だけ心配していたらいいようなものではないようです。

インフルエンザはともかく、学校では少し風邪が流行っているそうです。

高校は一つ一つの授業が大事でなんとなく休みづらいので、みんな無理して出席しているようです。だから風邪が流行るんですけどね。

子供も、明日土曜の授業はなんとか出席したいと言っていますが、さてさてどうなることやら。

中学までと違って授業を大事に思ってくれているのは良いことですけどね。

 

4月から新生活が始まってここまでずっと頑張ってきたので、ちょっと体が「休め」のサインを出したってことでしょうかね。やれやれ。