あてもなく

誰かへの手紙



一歩進んでみようと思います

f:id:atemonaku:20180606102002j:plain

昨日の記事、なんだか自分で思ってたより重かったみたいで、読んだ夫から心配されてしまいました。

書いていたときの気持ちは、確かにちょっと落ち込んではいたものの、

「ついつい考えてしまうけど、いつもループするだけで解決する前にどっかへ紛れてしまう悩み」

ぐらいの感じで、それをちょっと吐き出しただけのつもりでいました。

ここはそういうブログなので。

本当に自分でもまずいと思っていたら、ブログに書くとかじゃなくて、何らかのアクションを起こすと思うので。

ただ、自覚がないだけで実は結構危険な状態に陥ってるってことはあるのかもしれないですね。そういう意味でも、書いてみるというのは大事なことかもしれません。

自分の家にいて何不自由なく過ごしているのに、心が追い詰められてしまうことってあるんだなあ。

夫から、ちょっと働いてみたら? あと、なんか習い事とか始めてみたら? と提案がありました。

 

最初は「そんなこと!」って思ったんですけど。

でもやっぱり、わたしは家の中で一人でいるの向いてないんだと思います。

というか、わたしでなくても、近所に親類縁者もいない・過去からの何のしがらみもない土地に住んでいる人間は、学校や会社などの物理的な所属先を失ってしまうとあっという間に孤立して、精神的に追い込まれてしまうんだということがわかりました。

前職でできた友達やら子育て時代のママ友なんかに時々声を掛けて食事に行ったり飲みに行ったりすることはありますが、そんなのせいぜい年に数回程度だし、それ以上会うのも負担だと思うのです。

それにやっぱり、今現在同じところに所属して同じことに取り組んでいる仲間と遊ぶ方が、過去の友達と遊ぶよりも何倍も楽しいんですよね。

過去の友達だって大事だけど、それはもうどうしようもないことのような気がします。

というわけで「主婦のパートなんかレベルアップできないクソゲーだから働かない」というところから少し態度を改めてみようと思います。

ゲームのルール上はキャラクターのレベルは上がらないとしても、ゲームを遊んだ現実のわたしの中には「そのゲームを体験した」という知見は残りますし、同じゲームで遊んでいる仲間とも出会えます。そして、ちょっとはお金ももらえます。

レベルアップをしないクソゲーでも、一応オープニングにはストーリーがあるし、操作方法も覚えなきゃいけないし、最初の村のクエストをやり終わるまでは結構楽しめるでしょう。

そんな感じでレベル1をカンストするまで遊んで、いよいよ飽きたらそのときはさっさとやめて、また別のゲームをダウンロードしてレベル1だけ楽しめばいいのです。

そんな考えのもと、ちょっくら働き口を探してみたいと思います。

 

以前は事務職で探してましたけど、販売・接客で探してみようかな。

知ってるジャンルのゲームより、やったことないやつのほうが、レベル1カンストするまでにも時間かかるだろうし、ちょっと苦労するぐらいのほうが面白いんじゃないかなって。

そして、働いたらちょっとはお金になるから、そのお金で習い事とかすれば家計にも負担にならないし。

 

考えているとちょっと元気が出てきました。ダメならやめればいいんだし、気軽な気持ちで始めてみます。