あてもなく

誰かへの手紙



スパに行こうよ!「お母さん休みの日」の過ごし方

f:id:atemonaku:20180402201109j:plain

長い春休みがやっと終わり、明日から新しい日常が始まろうとしています。

子供の受験サポートからずっとずっとがんばってきたので、わたしもご褒美にゆっくり休みがほしいです。

 

休みには、スパに行きたいです。スーパー銭湯じゃなくてスパがいいです。

 

スーパー銭湯とスパ、厳密な定義や分類はよくわかりませんが、スーパー銭湯はファミリー向け、スパはお子様お断りの入浴施設かなと思います。

スパにはお風呂以外にも岩盤浴やマッサージなどがあって、癒やしサービスが満載なのです。

 

わたしは神奈川県民なのでどうしても地元の話になりますが、横浜駅前には2つスパ施設があり、なにげに激戦区の様相です。

 

東口にあるのはスカイスパYOKOHAMA。

www.skyspa.co.jp

 

西口にはスパ イアス。

www.spa-eas.com

 

スカイスパは中学生以上、スパ イアスは18歳以上が利用可能です。

入館料はどちらのスパもそれほど大きく違いがありませんが、スカイスパは岩盤浴が別料金、スパ イアスは岩盤浴も入場料のみで使えるので、わたしはスパ イアス派です。

 

スパという過ごし方を知ったのは、子供が幼稚園ぐらいの頃だったかな。

 

子供が小さかった頃、お母さん休みの日ということで、年に1,2回ですが、たまーに夫と子供で留守番してもらってお出かけする時間を作らせてもらってました。

 

わたしは生まれ育った土地を離れて生活しているので、近くに急に誘って遊べる友達なんていないし、かといってママ友と日を合わせてお出かけの計画を立てるなんてことはなかなか難しいので、つねにひとりきりのお出かけでした。

ぼっち行動をするのは好きなのでそれはそれで良いのですが、ウィンドウショッピングをしたりお茶したり、一日街をうろついて過ごしていると、息抜きのハズが結局めちゃくちゃ疲れてしまうんですよね。

 

そんなときに見つけたのがスパでした。

「お母さん休み」のためにお留守番してくれた父子は母がリフレッシュして元気になって帰ってくる事を楽しみにしてくれてると思うので、わたしとしては「疲れた顔をして帰るわけにはいかない」というプレッシャーがありました。(もちろん、これはわたし自身の気持ちの問題なのですが)

スパに入り浸ってしまえば、もうあとはただ休むことに専念できるのです。

夕飯も父子で済ませてもらうことにして、自分はスパの後居酒屋に寄って、ひとりで飲んで帰ったりしてました。

(ひとり飲みもなかなか楽しいもんです。カウンター席で飲んでると、店の人が少し話し相手になってくれたりします)

 

今は、そんな風にわざわざ留守番を頼んでひとりの時間を作ってもらいたいとは思わなくなりました。そのぐらい、子供も手を離れたってことですね~。

 

ああ、ちょっと話が逸れました。

 

まだ行ったことはないけれど、ほかにも魅力的だなと思うスパ施設をいくつか挙げてみたいと思います。

www.laqua.jp

ラクーアは、6歳~17歳のお子様も保護者同伴で入場できるようですね。

昔は、横浜のスパ イアスはラクーアと同じ会社がやっていたのですが、いつの間にか経営が別になってしまったようです。

 

www.timesspa-resta.jp

タイムズスパ・レスタ、ネット上で評判いいですね。

コインパーキングでお馴染みのタイムズがやっているようです。

こちらは18歳未満が入場できない大人向け施設。

「お値段が高め」って評判ですが、横浜のスカイスパやイアスと大差ないし、一度行ってみたいです。

 

以上、お母さん休みにスパのおすすめでした。