あてもなく

誰かへの手紙

1年で100冊読書チャレンジ

3月の読書記録(2)

昨日の続きです。 とりあえず、「字の本」3冊目。 3月17日 穂村弘「世界音痴」 実は数年前に読み終えた本の、再読。 Kindleの中身をぼんやり眺めていて「あれ、こんなの読んだっけ」ってなったので、読み直した。「スティックパンをくくーっと」のくだりしか…

3月の読書記録(1)

3月に読んだ本の冊数は21冊にのぼるが、作品数としては5つである。 漫画が2作品でどちらも完結まで読んでいないので、「読了」としていいものか迷ってしまうなあ。 ほんとうにこのご時世ではなかなか読書をする気持ちが起こらず、苦戦しました。 ただ、あり…

読書にまつわる雑談

昼間にブログを書けなかった日は、23時過ぎからブログを書いています。 1時間で書き終わらないと日付が変わってしまって、見た目の「毎日更新」が守れなくなります。 まあ、その辺は「気持ち」なので。 日付が変わってしまっても、わたしの中では「今日」な…

2月の読書記録(3)

わたしは以前から、Twitter上などで話題になったのを見かけてちょっと興味を持った本をメモっとくためのリストを作っていたのだけど、読まないまま何年も放置してしまっていた。闇雲に図書館で探すと、どうしても読み進められなくなるぐらい興味が持てない物…

2月の読書記録(2)

昨日は別の話題を挟んだけれど、今日は2月の読書記録に戻ります。 ではどうぞー。 2月13日 北村薫「中野のお父さん」 日常の謎系ミステリ。 出版社に勤務する若手女性社員とお父さんの物語。中野というのは苗字ではなくて東京の地名の「中野」で、主人公の女…

2月の読書記録(1)

2月は元々日数が短いうえ、途中体調を崩したりもしたが、なんとか7冊読むことができた。 2月は日が進むにつれだんだん世の中の雰囲気が暗くなってきて、自分の気持ちもそれに引きずられて低調だったので「面白かった!」っていう感想は少ないかも。 どっちか…

1月の読書記録(4)

いきなり余談だけど、今月ももちろん100冊読書チャレンジは続いているので、今月に入ってからも図書館で借りた本を読んでいた。 しかし、合わない本というのがあるもので、今回ついに半分ぐらい読んだところで「無理!」と投げ出すことになりました。 ちょう…

1月の読書記録(3)

読書感想文を書くのは苦手だ。と、改めてかみしめながら感想文を書いている。 なんで苦手かって、感想文というものは絶対「面白かった」で終わるわけにはいかないのに、わかってても最初にでっかく「面白かった」っていうのが頭に浮かんでしまって、細かい感…

1月の読書記録(2)

昨日の続きです。 1月10日 山本一力「おたふく」 実家から持って帰ってきた 夏に帰省したときに、母が「最近時代小説にハマってる」とかで良かったら暇つぶしにどうぞと渡された本。 わたしも一時は時代小説にハマっていたこともあったけど、最近はご無沙汰…

1月の読書記録(1)

正月休みに立て続けに2冊本を読んだ勢いで「今年は100冊本を読む」という目標を立てたが、今のところ順調にノルマをこなしている。 やはり、目標を立てて宣言すると行動が変わる。 わたしは先日なんだったかの記事でも書いたけど「意地」に動かされる方なの…

図書館で本を借りてみて、ちょっと気がついた事

1年で100冊読書チャレンジのため、図書館へ行くようになった。 読んだ本の報告などは月末か来月の初めぐらいに書くのでまた改めて。 今回は、図書館を利用して改めて気がついたことについてちょっと書いてみる。 図書館って、本の殿堂なんだから当然本は山ほ…

今年の抱負。本を1年で100冊読む!

今週のお題「2020年の抱負」 今年の抱負ということを書くのは嫌いだと先日言ったばかりだけど、お題があるからやっぱり書いてみる。 今年は本をたくさん読みたい。 ブログを読んだりネットのニュースやその他いろいろで文字自体はたくさん読んでいるのだけど…