あてもなく

誰かへの手紙

はたらく

主婦パートの採用にも 「Excelが使える」のレベルを見抜ける入社試験 やればいいのに

はてなブックマークで見つけた記事。 internet.watch.impress.co.jp これ、とても良いと思います。 パート先で新人の指導を担当してた頃は、採用のときにこういうテストをしておいてくれれば、お互い要らぬ苦労をせずに済むのになあと思っていたものでした。…

家事を改めて「労働」と定義する 「ワーク・ライフ・バランス」への第一歩

前回の記事に続いて、わたしの生活と「家事」という仕事について考えてみたいと思います。 わたしの1日 平日のわたしの起床時間は朝5時半です。 子供と夫はそれぞれ違う時間に起きて登校・出勤しますが、最終的に家族がみんな出かけてしまってわたしが家に一…

扶養の制度は女性の社会進出の妨げになっているか?

主婦が働くことを考えるときにいつも引っかかってくるのが扶養の問題だと思います。先日の記事では扶養の制度があるから主婦は家事を抱えながら働きすぎなくて済むということを書きました。一方で、扶養という制度があることが女性の社会進出を妨げていると…

主婦が働くことを考えるときに必要な視点について

先日、「副業」をテーマに書かれているブログを興味深く読みました。 www.orangeitems.com 「副業」というと普通は、会社員などいわゆる正規の定職についている方が、余暇を使って本業のお給料以外にも収入を得ることを指すと思います。 この記事は「システ…

わたしが想像する、こんなカフェがあったらいいなの話

夢というよりは妄想の話。 勉強部屋みたいなカフェをやってみたいんです。 というか、まあそういう店があればいいって話で、わたしがやる必要はないかもしれないんですけど。 「勉強カフェ」で検索するとズバリそういう名前のお店が出てきます。 登録商標だ…

とうとう「まだ働かないの?」と聞かれる季節がやってきた

わたしは昨年の11月に3年あまり勤めたパート先を辞めました。 「子供の受験をサポートするため」をメインの理由として退職を願い出たので、その経緯を知っている元同僚や近所の友達などからは、最近よく 「もう仕事はじめた?」 「仕事、見つかった?」 とか…

22円を取り戻すために頑張ってしまった話 スーパーの会計ミス

今日の午前中スーパーに行きました。 現在春休み中で子供も家にいるので、いつも昼ごはんに頭を悩ませています。 今日は、食材の買い出しのついでに昼食用の菓子パンを買うことにしました。 そこのスーパーでは店内調理の焼きたてパンのコーナーがあって、棚…

わたしのプロフィール 古い足跡をたどってみる 後編

昨日の続きです。だんだん足跡が新しくなってきました。 職歴(後半戦) この先は、いろいろやったので箇条書きにしてみます。 外資系コンサル会社の人事採用の事務補助(派遣) 通年で中途採用の募集を行い、ヘッドハンティングも盛んに行っている会社でし…

わたしのプロフィール 古い足跡をたどってみる 前編

早いもので、ブログを始めて丸2ヶ月が過ぎました。 目標は「毎日書き続けること」というただそれだけで始めましたが、アクセスをしてくださるのみならず、☆を送ってくださる方、読者になってくださる方、コメントをくださる方に励まされ、楽しく書き続けるこ…

ひとり時間の過ごし方と、その存在価値について

お題「ひとりの時間の過ごし方」 今日もお題で書いてみたいと思います。 最近のわたしの場合、家族が家にいない時間はすべてひとりで過ごしています。 家事の時間=勤務時間と考えて「ひとり時間」から除いたとしても、1日に5時間ぐらいはひとり時間を持って…

パート採用と「適性」について その採用方法は間違っているかもしれない

昨日スーパーに行ったときのことですが、ちょっと今までに見たことのないぐらい遅いレジに当たってしまいました。 名札のところに初心者マークをつけている新人さんで、ベテランの店員さんが隣について2人体制でやっていたのですが、それがもう、全然進まな…

大型店舗の休業について

昨日1日ゴロゴロして過ごしたおかげで今日はだいぶ調子がいいです。 鼻とノドの違和感は多少残っていますが、もう大したことはありません。 元気になったし、ちょっと春物でも見に行っちゃおうかな~とか思ったんですけど、そういえば今週は近くのショッピン…

それでも働いてよかったと思うこと

昨日は「パートで働くのってそんなに良いもんじゃないよ~」的な話を書きました。 でも、そんなことを言えるのは、主婦の立場で仕事を持ってみた経験があるからこそかもしれません。 だから、もし専業主婦で、自分の価値が低く感じられたり引け目を感じたり…

「パート」という働き方

「専業主婦は外で働く人より価値が低いか?」問題について、続きの話です。 専業主婦の人には「働いていない自分」が世間に対して負い目があるように感じられる、という話でしたが、わたしはそれに対して「たとえばパートで働いたらそのモヤモヤは晴れるかと…

専業主婦と「女性活躍」

ものすごく既視感のある記事だなと思ったら、本当に見たことがある話でした。 www.asahi.com 以前当ブログでも取り上げた記事を再構成したものだったようです。 atemonaku.hatenadiary.jp この記事の元になっているのは、今年のお正月、1月1日~9日の間にYah…